トップページ > サイトマップ > セキュリティ対策

インターネット・ウィルス感染にかからないようにするには・・・そのDIf you do not take to the Internet virus infection D

DタダだからといってUSBやCD−ROMを貰ったり、拾得物を使ったりしないこと
最近はインターネットやパソコンからでなく、「USBメモリ」や「CD-ROM」などからのウィルス感染が広がっています。。
※「USBメモリ」や「CD-ROM」は正規版を使い、出きるだけコピー版は使わないようにしてください。

USBメモリの感染の仕組みを理解して下さい。Understand the mechanism of infection of the USB memory.

安易に 拾ったUSBメモリやCD-ROMや知人からコピーしてもらったりしたものを、自分のパソコンや会社のパソコンで、見たりすると、そこからウィルスに感染する場合があります。

よく パソコン量販店や携帯電話販売店などでUSBメモリやCD-ROM配っていますが、直接貰ったものは問題ないのですが、コピーしたりして、複数の人を経由すると、途中で感染している場合があります。

◆USBメモリに、どのようにして感染するか?

⇒ウイルスに感染しているパソコンでUSBメモリを使って、パソコンからUSBメモリに感染

⇒ウイルスに感染しているUSBメモリをパソコンにつないで、USBメモリからパソコンに感染

◆感染することにより

他のパソコンやUSBメモリをはじめとする外部メディアへウイルスをコピーし感染を広げます。その後、インターネットから別のウイルスをダウンロードし、複数のウイルスと連携してさまざまな活動を行います。

そのため、具体的な被害にはダウンロードするウイルスによってさまざまですが、メールアドレスを盗まれたり、パソコンの遠隔操作をされたり、アカウントを盗まれるなどが考えられます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネス用HTMLテンプレート no.005 All Rights Reserved.